「おめでとう」を伝える開店祝いは相手の喜ぶものを

女の子

相手の喜ぶものを

箱を持つ人

開店祝いに花を贈るのは、かなり一般的だし多いことだといえるでしょう。特に胡蝶蘭など、高級感のある品種は贈り物にはピッタリです。また、胡蝶蘭の花言葉で、オープンのお祝いを伝えられます。

もっと読む

お花は無難

ギフト

マナーに則って

オープンしたてのお店に入ったとき、入り口付近やカウンター付近などに開店祝いのお花がずらずらっと並んでいるのを目にすることは多いですよね。誰でも一度は開店祝いのお花を見たことがあるんじゃないでしょうか。そのお店は有名店や高級店だけにはとどまりません。街のパン屋さんや美容室なんかでもオープンしたての頃はもらったお花を置いていることでしょう。とにかく、開店祝いというのはどんな類のお店でもその大小にかかわらず関係者や取引先、お友達など誰でも「おめでとう」の意を添えて贈るものなのです。胡蝶蘭なんかはよく目にしますし、一般的ではありますが、何がいい、何でないといけないというような決まりはないようです。そういったお品にメッセージカードを添えることも多いようです。
ただ、開店祝いにお花というのは、とても無難な選択でもあるようです。何を送ろうか困ったらお花にするというのが多いようです。胡蝶蘭はよく目にする機会も多いので一般的かなと思うのですが、特に決まったものではないようです。お店の業種によっては匂いのきつい花はやめておいたほうがいいし、オフィス的なお店であれば観葉植物なども育てやすいと喜ばれるようです。
お花以外の開店祝いは思いつかないし、となったら、もし親しい間柄であれば「なにがほしい?」と聞いてみるのもいいようです。また、お品以外に、現金を渡すこともあります。
お祝い事にはマナーがつきまといます。そのマナーの範囲内であれば、相手が喜びそうなものを想像しながら選ぶとよいでしょう。

現金の場合

リボンの付いたギフト

開店祝いに現金を贈る場合、オーナーとの親しさの度合いによっても額が異なるようです。取引先なら1~5万円、友人なら1~3万、お世話になった人なら5~10万が相場のようです。

もっと読む

オーナーに聞こう

箱

開店祝いに花以外のものを贈ろうと思っても、何を贈ったらいいかわからないとき、もしそのオーナーと親しければ、ほしいものを直接聞いてみることがおススメです。そうするとはずれがないです。

もっと読む