「おめでとう」を伝える開店祝いは相手の喜ぶものを

子供

相手の喜ぶものを

箱を持つ人

花言葉も重要

開店祝いといえば、花。それも、胡蝶蘭を目にする機会は多いですよね。胡蝶蘭でなくとも、ランの種類、たとえば、カトレアやシンビジウムなんかも開店祝いに贈る花としてはよく使われる品種です。確かに、花を贈られて「嫌だな」という人はあまりいないでしょう。多くは「うれしい」といったポジティブな感情をもちます。なので、開店祝いに限らず花を贈る習慣というのは、無難なようでいてごくごく当たり前のことなのかもしれません。
そして、オープンしたお店の店頭にお花があると「新しいお店が出来た」というアピール効果も得られます。お祝いと宣伝を兼ね揃えた贈り物にする事が出来るのも、花を選ぶメリットと言えるでしょう。
開店祝いによく使われるランは、高級感があり贈り物にはピッタリの花だから、ということもあるようです。胡蝶蘭などは高価なものが多く手を出しづらい・・と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、シンビジュームなど比較的低価格で購入する事が出来るランの品種もあります。
さらに、花言葉、というのがありますが、胡蝶蘭の花言葉は、開店祝いの「おめでとう」を伝えるにあたっては、最適です。胡蝶蘭の花言葉は、「幸福の到来。幸福が飛んで来る」という意味があるのです。お客さんがどんどん来て、お店の売り上げもアップ。業績は右肩上がり。これは、お店をする人にとっての最高のシナリオとなります。オーナーにとっての幸福につながります。ゲン担ぎかもしれませんが、重要ポイントですよね。