「おめでとう」を伝える開店祝いは相手の喜ぶものを

子供

現金の場合

リボンの付いたギフト

祝儀袋も

開店祝いにお花などのお品を贈ることは確かに多いのですが、特に品物でないといけない、というような決まりはありません。現金で「おめでとう」を伝えることだってあります。現金だけでなく、商品券やギフト券を贈る場合もよくあります。お店のオープンにあたってオーナー側とすれば物入りなので、何にでも使えるお金というのは、実はとても嬉しいものなのかもしれません。
ただ、開店祝いに現金をお渡しする場合、その額にしても渡し方にしても一定のマナーがあります。そのマナーの範囲内でお渡しすれば、失礼なことにはなりませんね。
開店祝いを現金でお渡しすす際の金額の相場ですが、取引先なら1~5万円、友人なら1~3万、お世話になった人なら5~10万といった具合です。先方との間柄が親しいのであれば1万~5万、それほど親しくなければ5000円~1万円、というふうに分けている場合もあるようです。なにわともあれ、開店祝いはお店をオープンする人に対しての「おめでとう」を伝えるものであるから、思いが伝わることと伝えていることを覚えていてもらえればなおよしですよね。あまりにも少額であれば、実際問題忘れ去られてしまうこともあるようなので、ちょっと用心です。
現金などに限らず、カタログギフトでお祝いとする人もいるようです。カタログギフトも数ある商品の中から好きなものを選ぶ楽しさがありますよね。
現金をお渡しするときには、蝶結びの祝儀袋を選んで渡すまでは袱紗に包んでおくなどします。それが開店祝いをお渡しするマナーとされています。